沿革

企業理念から社員の紹介まで、尾川パイプの会社についてご紹介します。

沿革  ─ 尾川パイプの歩み ─

昭和25年 尾川秀夫が半田市亀崎町にて創業。旋盤によりパイプニップルの製造を開始する。ダイヘッドねじ切り機の導入により生産を拡大する。
昭和40年 「有限会社尾川パイプ」に社名変更。資本金300万円に増資。
昭和52年 事業拡大にともない半田市成岩町に工場移転。代表取締役社長に尾川勝博が就任。
昭和60年 自動ねじ切り機を増設し、大量生産体制を整える。JIS規格ゲージに基づき、ねじ精度の均一化を図る。
平成2年 ねじのNC旋盤加工を開始。受注情報のIT化で製造指示と連動させ 納期の徹底管理を進める。
平成8年 現工場移転にともない社名を「株式会社尾川パイプ」に変更。資本金を1300万円に増資。
平成10年 大型フェーシングマシン導入。サイズ150Aの5.5mものまでのNCねじ加工が可能となる。
平成11年 NC制御型パイプベンダー導入。パイプのマゲ加工の受注を開始。SGP黒規格溶接ベンドの在庫化を始める。
平成12年 溶接ロボット導入。パイプやフランジ等の溶接の受注を開始。長尺対応自動タッピングマシン導入。パイプの横穴加工やタッピングの受注を開始。
平成17年 中国浙江省紹興市にて「尾川管業有限公司」を設立。SGP白・黒規格ニップルの製造を開始。
平成21年 WEBショップ「配管継手オンラインショップ」を開設。ねじ込み継手のインターネット販売を開始。
平成23年 中国山東省煙台市「煙台三輪機械部品有限公司」を設立。ステンレス規格ニップル・ソケットの製造を開始。
平成24年 WEBショップ「nipple」を開設。
平成25年 代表取締役社長に尾川和正が就任。
平成26年 ISO9001(品質マネジメントシステム)を取得。
平成27年 ISO14001(環境マネジメントシステム)を取得
お電話でのご意見・お問い合せは
フリーダイヤル0120-987-119
(受付時間 平日9:00〜18:00)